iPhone6s 予約 SoftBank

サイズを引っかかるなら店舗のPCを持って見るべし!

iPhone6s(アイフォン6)の筐体調はiPhone6と同じです。
iPhone6sの寸法で迷ったら、お近くの家電量販店か、タブレットショップへ赴き、直接的手で持ってください。

 

iPhone6sの容積と重さ

  iPhone5s iPhone6s iPhone6s Plus
高さ 123.8ミリ 138.1ミリ 158.1ミリ
高低 58.6ミリ 67.0ミリ 77.8ミリ
厚さ 7.6ミリ 6.9ミリ 7.1ミリ
ウェイト 112グラム 129グラム 172グラム
アプローチの悪い人はiPhone5s

iPhone5sは小さく、片手ですっぽり入ります。iPhone6のほうが演技が良いですが、方策の低いおばさんや男性はiPhone5sで十分だと選ぶ人も多いだ。

片手で操作できるiPhone6s

iPhone6sは片手で操作できるスレスレのがたいに作られています。口座に入れて持ち歩くことが多い

積み荷に押し込めるiPhone6sPlus

iPhone6sPlusは高いので鞄に入れて持ち歩くようになります。口座に入れていて、座ったときに折れてしまったってお話とか、ないのでするっと落ちてディスプレーが割れてしまったと言うことは良くあるお話。
持つときも、バンカーリングやストラップをつけて落下防護作戦もした方が良いかもしれませんね。

 

iPhone6sのスクリーン容量

  iPhone5s iPhone6 iPhone6Plus
ディスプレイ容積 4インチ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1,136×640ピクセル 1,334×750ピクセル 1,920×1,080ピクセル
ピクセル密度 326ppi 326ppi 401ppi
800:1 1,400:1 1,300:1
極限輝度 500cd/m2 500cd/m2 500cd/m2
ビデオを楽しむ・図書を掴むiPhone6sPlus

不可欠のキロタームやふとした合間に動画を見たり電子マガジンを読みたいならiPhone6sPlusがオススメです。
解像度が全ハイビジョンの1920×1080なので、高画質で見れます。

ケータイとして使いたいiPhone6s

iPhone6sは呼出、メイル、単なる仕事用のアプリケーションを扱うにはほど望ましいがたいだ。エンターテイメント対象が僅かのであればiPhone6sにすると、良いです。

 

iPhone5sとiPhone6の分量の隔たり

iPhone6sもiPhone5sも片手で持って操作するのは簡単です。
iPhone6sのほうが低くて幅広いので、うっかりゲンコツが滑って落としてしまうと言うことが多発している。
シリコン容器をつけて落下ときの影響を消すか、バンカーリングをつけてうっかりしかたが滑らないように工夫すると良いですね。

 

iPhone6とiPhone6Plusのサイズの違い

iPhone6sとiPhone6sPlusは、体格が思い切り違う。
iPhone6sPlusを扱う場合は、片手で操作するのはきついだ。
「簡素訪問反応」を使ってトップボタンを双方タップすれば、ディスプレイが下にスライド行う。
こういう作用を使えばカジュアル親指で届かない面も触ることが出来ます。

 


iPhone6s 予約ホームページへ


SoftBank【iPhone6s】

web調達HOME

ご予約はこちらから

↑↑↑↑↑↑↑

〜全国どこでも送料無料〜

iPhone6s/iPhone6s Plus発表!